• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

左折巻き込み事故(バイク対自動車) 事故状況別ケーススタディ№2

Aさん「バイクを運転中に交差点に差しかかり、そのまま直進しようとしたところ、左折車に巻き込まれて転倒してしまいました。過失割合はどうなるのでしょうか。」

 

(弁護士からのアドバイス)

「交差点で左折する自動車が直進するバイクを巻き込んだ」

こういった事案は交通事故ではよくある事故態様といえます。

 

この場合、自動車とバイクの前後関係によって過失割合が異なってきます。

まず、前方にいる自動車が交差点で左折した際に後続のバイクが後巻き込まれた場合、バイク20:自動車80が基本となります。

反対に、前方にいるバイクを自動車が後ろから追い越して左折して巻き込んだ場合や、信号待ちでバイク・自動車とも停止していた場合では、バイク10:自動車90となります。

どちらの場合でも、自動車の方向指示器を出すタイミング左折の方法、バイクの速度前方不注視に応じて、バイクの過失が10~20%の範囲で増減されることがあります。

 

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP