• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

バイク転倒事例 事故状況別ケーススタディ№3

Aさん「250CCのバイクで直進中、路地から軽自動車が飛び出した。避けようとしたら転倒して膝と手首にケガをした。手首は骨折していたのでギプス固定している。」

 

(弁護士からのアドバイス)

手足の骨折の多くは完治しますが、持続的なしびれが残ったり、可動域制限という機能障害が残る場合もあるのできちんとした検査が必要です。

 

たとえば、着地の際に強く手をついた場合には手首の軟骨に損傷が生じる場合(TFCC損傷)もあります。これによって機能障害が残り、後遺障害が認定されることもあります。

 

軽自動車の路地からの合流の際に衝突したという本件では、過失相殺によりバイク運転手の損害が減額調整される可能性があります。どちらの道路が優先か、信号が設置された場所か、などにより割合が変わりますが、おおむね10~60%程度までの減額調整が考えられます。

 

その他、バイク事故は四肢の複雑骨折はもちろん、頚椎、腰椎の骨折、脊髄損傷など重篤な結果につながることもあります。日頃から信頼性のあるヘルメットやプロテクターなどを装着して運転するのが望ましいのは言うまでもありません。

 

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP