• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

自転車事故 事故状況別ケーススタディ№7

Dさん「私は散歩中に後方から自転車に追突され、転んで怪我を負いました。治療費その他の損害を賠償してほしいのですが、加害者は自転車保険に入っておらず資弁償するあてもないそうです。私はどうすればよいのでしょうか。」

 

(弁護士からのアドバイス)

近年、自転車事故で加害者に多額の賠償を命ずる判決が出たこともあって、テレビCMなどで自転車保険の宣伝を目にする機会も増えました。しかし、現状では自転車保険に加入している人はまだまだ少数です。自転車には自賠責のような強制加入保険もありませんので、被害者となった場合、相手方の保険を利用して補償を受けられないという事態が発生しがちです。

 

このような場合、被害者はご自身またはご家族の加入している保険の利用を検討してみて下さい。

交通事故の被害者が自分の掛けている保険から補償を受けるには、人身傷害保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険などの利用が考えられます。しかし、無保険車傷害保険相手が自転車の場合は利用できません。また、搭乗者傷害保険は、上記相談例のような歩行中の事故については対象外です

 

人身傷害保険には、車両乗車中以外の事故、例えば歩行中の事故でも補償の対象となるものがあります。現在、多くの保険会社では、人身傷害保険は自動車保険に自動的に付されていますので、自転車事故に遭った場合は、まずご自身やご家族の自動車保険の約款を確認してみるといいでしょう。

(→人身傷害保険をもらったらもう賠償請求はできないのですか?:よくある質問

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP