• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

状況説明が食い違う場合 事故状況別ケーススタディ№6

Cさん「私は、原付運転中、交差点で青信号になってから発進したのですが、自動車が無理に進入してきて衝突しました。私は救急車で病院に運ばれそのまま入院しました。後で警察に確認したら、加害者は『原付が【赤信号で交差点に進入してきた】』と言っているそうです。」

 

(弁護士からのアドバイス)

事故状況について当事者の言い分が食い違う場合、その後の賠償交渉では、警察の作成する実況見分調書が重要な証拠として扱われます(これは訴訟でも同様です)。

 

よって、事故後できるだけ早い段階で、相手の言い分を確認し、認識と違うところがあれば、具体的に警察に報告しておくべきです。そして、できれば相手方(加害者)だけではなく、ご自身(被害者)でも警察に実況見分調書を作成してもらうべきです。

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP