• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

加害者が未成年の事故 事故状況別ケーススタディ№11

加害者が未成年の場合について

 

(弁護士からのアドバイス)

交通事故では事故を起こした加害者本人が損害賠償責任を負うのが原則です。

しかし、加害者が未成年の場合には、資力に乏しく十分な賠償を受けられないおそれがあります。また、ほとんどの任意保険では、未成年者が起こした事故は補償の対象から外されています

そこで、被害者としては、人身傷害保険搭乗者傷害保険といった被害者自身の保険を利用することが考えられます。

 

また、未成年者の親権者に対して、監督義務を怠ったとして損害賠償請求をすることも考えられます。

ただ、自動車を運転できる年齢の未成年者の場合、精神的・経済的に親権者からある程度自立していると言えるので、いかなる場合でも親権者の監督責任を問えるわけではありません

未成年者が非行を繰り返していたとか過去に補導歴があるなど、親権者として子供の行動を注意して見守るべき義務があったと評価できる場合などに限定されることでしょう。

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP