• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

給与所得者の休業損害 休業損害ケーススタディ№1

給与所得者が休業損害を請求する場合、どのような資料が必要なのでしょうか。

(弁護士のアドバイス)

 給与所得者が事故により休業したことについて補償を受けるには、休業損害証明書を事業主に作成してもらい、休業により減給されたことを証明する必要があります。適式に作成された休業証明書があれば、保険会社はほぼ支払ってくれます。ただし、事業主が個人、または実質個人経営のような小規模会社、前年度の源泉徴収票がない(入社から日が浅い)場合などでは、さらなる資料の提出や調査を求められる場合もあります。

 また、受傷の内容や症状から見て休業期間が不相当に長い場合には、実際に休んでいても支払いを拒絶されることがあります。

 なお、有給(年次休暇)を使って休業した場合でも、保険会社から補償を受けることが出来ます。

 

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP