• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

無職、あるいは就職内定後の休業損害 休業損害ケーススタディ№3

無職の場合、休業補償は受けられないのですか。

(弁護士のアドバイス)

 無職者(失業者や学生・生徒)については、事故前に労働の対価である収入を得ていなかったので、原則として休業損害は認められません

 しかし、たまたま事故に遭ったとき一時的に職に就いていなかったからといって休業補償がまったく受けられないのは酷な結果となります。そこで、それまでの職歴や資格などから、失業していた方が十分な労働能力と労働意欲があり、治療期間中に就業できる蓋然性が証明できる場合には、補償が受けられることがあります。

 

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP