• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

専業主婦の休業損害 休業損害ケーススタディ№5

専業主婦でも休業損害は認められるのでしょうか。

(弁護士のアドバイス)

 専業主婦でも、事故による受傷で家事労働に支障が出た場合には休業補償が受けられます。自賠責基準であれば、日額5700円、裁判基準であれば、年齢や家族構成にもよりますが、日額7,500円~9,500円の範囲で計算されます。

 休業日数については、基本的には、受傷から治癒又は症状固定に至るまでの入通院期間を休業日数として計算します。ただし、必ずしも全期間にわたって労働能力の制限が認められるわけではなく、受傷結果が家事労働に及ぼす影響によって認められる休業日数は増減します。例えば、入院中や受傷直後はほぼ100%の労働能力の制限が認められますが、その後の通院期間は、ケガの程度や通院の状況に応じて、労働能力の制限率が徐々に減っていくという扱いがされることが多いです。 

 

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP