• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

会社役員の休業損害 休業損害ケーススタディ№11

会社の社長です。交通事故に遭ってしばらく仕事に出られませんでしたが、役員報酬分を補償してもらえるのでしょうか。

(弁護士のアドバイス)

 会社役員が事故により仕事を休んだ場合、役員報酬のうち労務提供の対価に当たる部分は補償の対象になりますが、利益配当に当たる部分については補償されません。後者は役員としての責任ある地位に就くことへの対価であって、実際に仕事をしたかどうかにかかわらずに支払われる報酬と言えるからです。ただし、役員報酬のうちどこまでが労務提供の対価でどこからが利益配当かは、会社の規模や役員の執務実態によって決まるもので、一概にいくらと言い切れるものではありません。いずれにせよ、役員報酬の全額が補償されるわけではないことに留意して下さい。

 このほか、出勤管理をしていない会社役員の場合、休業日数の立証という問題が生じます(ケース10参照)。

ケーススタディ一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP