• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

事例紹介№9交差点での自動車、自転車衝突 腰椎ヘルニアで併合12級 提示額348万円→1017万円に増額

自転車被害者 12級13号 提示額348万円を1017万円に増額

公道を走っていた自転車に、一時停止表示を無視した自動車が飛び出し、衝突した事件です。

自転車に乗車していた被害者は左腰部分に自動車のバンパーが衝突し、腰椎ヘルニアになりました。しびれの程度が酷かったので、髄核摘出術(ヘルニアを取り除く手術)を実施しましたが、それでもしびれは持続しました。約1年の通院後、後遺障害認定として併合12級腰椎ヘルニアについて12級13号、首、手先のしびれについて14級9号)が認定されました。

 

保険会社は既払い金を除く約348万円を提示しましたが、納得できない依頼者は当事務所を依頼されました。当事務所による交渉の結果、主として後遺障害の逸失利益、慰謝料において大幅な増額のうえ示談に成功しました(支払額約1017万円)。

解決事例一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP