• トップ
  • 弁護士紹介
  • 費用について
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • 無料相談・お問い合わせ

事例紹介№16 センターオーバー事故被害で提示額約430万円→交渉の結果1,000万円

事例紹介№16 センターオーバー事故被害で提示額約430万円→交渉の結果1000万円

センターラインオーバーで正面衝突された被害者が脊柱変形により後遺障害11級を認定されました。

後遺症認定後に保険会社から賠償額提示を受けたところ、脊柱変形は労働にあまり支障が無いとして14級相当の逸失利益しか認めず、430万円あまりの賠償金しか提示しませんでした。認定された後遺障害の他にも、記憶障害や手足の強いしびれに悩まされていた被害者は納得できず、当事務所に依頼されました。

 

保険会社は、後遺障害認定の理由によっては、該当等級よりも低い等級で逸失利益を提示することがあり、上記の脊柱変形などはその典型例といえます。

当事務所では、この主張に対抗する過去の裁判例や論文を示した上、被害者の治療経過や現状等を説明し、粘り強く増額交渉した結果、賠償額1000万円まで増額修正させることに成功しました。

解決事例一覧へ

無料相談・お問い合せ

ご相談はお気軽に。

tel

受付時間/平日9:30~17:30
メールによる受付は24時間対応

無料相談予約・お問い合せ

どのような事故でしたか?

弁護士紹介

交通事故は実際に算定額に近い水準で金銭を獲得するにはあらゆる方法や経験が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士紹介はこちら

役に立つ交通事故用語集

アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

PAGE TOP